So-net無料ブログ作成

NO FACE ノー・フェイス [外国映画☆]

2009年10月11日(日)
レンタルDVD





史上最低クラスの切り株映画モドキ。280円でも返してほしい。

冒頭、女のシャワーシーン。意味の無いサービスカットで始まる。
女は車に乗り、何やら朽ちてしまったような牧場に行く。何とトラップにはまってしまった。
気がつくと、地下室。手錠をされ鎖で繋がれている。目の前のカバンからポラロイドカメラを出す。自分をカメラで撮る。気丈な奴。
殺人鬼登場、カメラで撮る。絶叫。暗転。

顔がグチョグチョの男。ギブスを顔に巻く。顔に巻く。顔に巻く。(期待できたのは、ここまで)

数年後、若いバカ男2人、女2人。マイアミに行くのだが、高速は混むからとかなんとかで、ウェストバージニアを通る。男の一人デヴィッド、立ちション中に鞄発見。500ドルと妖しい写真が入っている。冒頭の女の所持品のようだ。住所が書いてあるメモがある。返しに行かなくてはと主張する女一人。わかったよ、ダイナーで住所を聞こうと男。

面倒になったので、筋を書くの辞める。ツマンネし。

で、以下、駄目駄目な点。

15年前に町の者にボコボコにされて、酷い顔になったトラック運転手が町外れに隠れ住んでいるのだが、そこに踏み込んだものだけ殺していたのに、バカ4人組みが来てから、いきなり町まで乗り込んできて町民を殺す。何故、15年間待ったのかね。そして、ダイナーの調理人とウェイトレスの二人しか殺さないのは何故?10人以上にリンチされたんじゃないのかね。
その理由は、最後まで説明されない。ただ、ショックシーンを増やすためだけだったようだ。

ギブスをまいて作った顔だが、目の部分が笑い目になっていて、怖く見えないこと。狙っているのか?

殺人鬼は、いきなり襲い掛かることもなく、ゆっくりと視聴者に見えるように登場する。心臓には優しいが、面白くもなんとも無い。その割には、どうでもいいシーンでも終始不気味な音楽を流している。

殺人屋敷は、物凄く綺麗だ。

冒頭の新聞記者らしき女性以外、すなわち本編の主役級女性があんまりなこと。応援する気になれない。

ところが、応援は不要で、あまりにアッサリ生き残りやがる。脱出のため、なんとかたどり着いた保安官の車の前で、朝まで気絶してしまうのに、何のお咎めもなし。殺人鬼は放置していたようで、簡単に逃げ出せる。

そして、唐突なエンディング。収録のもうひとつのエンディングも酷い。

ついでに、カットされたシーンも収録されているが、ひとつしかないぞ!?ひとつしかカットしていないのか?

劇場未公開だが、劇場用日本版予告編が収録されている。そこには、肝心なシーンがすべて写されている。カットされたシーンも。

絶対に見てはいけない。

お勧め度:☆ 切り株度:☆ 俺度:☆


アメリカ版予告編





タグ:ホラー
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 2

daidai

トラバどうも。
初めまして、daidaiです。

これは切り株モノといえる作品ですらないですね。最初の10分の雰囲気は悪くないんですけどね。
スラッシャーモノでは、最近ちょっと借りるのをためらっているのが「Shocker ショッカー」という作品。切り株作りまくりで後味が最悪だそうで。
ミストみたいに、後味悪いのが物語上、必然的だったら全然OKだけど、そこは制作者のセンスでしょうね。
観て、UPできるようなモノであれば報告しまあす。
by daidai (2009-10-13 00:28) 

バラサ☆バラサ

>daidaiさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

仰るとおり「切り株」ではないですね。

「ショッカー」の報告をお待ちしています。
by バラサ☆バラサ (2009-10-14 18:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。