So-net無料ブログ作成

あの日、欲望の大地で [外国映画☆☆★]

2009年10月8日(木) 18:50~ 銀座テアトルシネマ
料金:0円(Club-Cテアトル会員ポイント利用) パンフレット:700円(買っていない)

『あの日、欲望の大地で』公式サイト

「21グラム」「バベル」の脚本家の監督デビュー作。
それらと同様、時間軸が弄られ、バラバラの登場人物が集結していく話だ。

上記の時間軸は、1ヶ月ほどのずれだったが、本作は12年ほどのずれがある。母娘そのまた娘三世代の話だ。
主人公は、二代目のシャーリーズ・セロンで、彼女の再生がテーマであると思われる。
しかしながら、主人公が改心し、希望の感じられる終わり方なのだろうが、今までの行動がどうしようもないので、三代目の娘の人格者っぷりに感心するだけだ。今後の3人の人生で、彼女の果たすべき役割は重い。

感情移入できる登場人物がいないので、俺には厳しい映画である。
しいて言えば、三代目をつれてきたメキシコ人の男は、いい奴だ。見てくれはヤバそうだったが。

このあんまりなタイトルは、映画の内容を的確に示しているのだが、やはり、あんまりでないかと思う。

お勧め度:☆☆★ 依存度:☆☆☆★ 俺度:☆☆

言及した作品

21グラム [DVD]

21グラム [DVD]

  • 出版社/メーカー: スタイルジャム
  • メディア: DVD



バベル スタンダードエディション [DVD]

バベル スタンダードエディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: DVD


これらの監督と本作の監督(これらの脚本)は、仲が悪いらしい。





タグ:人間ドラマ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(19) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。