So-net無料ブログ作成

九月に降る風 [亜州映画☆☆★]

2009年9月19日(土) 16:20~ ユーロスペース1
料金:0円(会員ポイント使用) パンフレット:700円(それなりに充実しているが、買っていない)

『九月に降る風』公式サイト

台湾産青春映画。舞台は、台北の南の新竹市なる田舎町。この辺は、昔を思い出し郷愁がそそられる。
映画の内容は、その爽やかなタイトルと異なり、かなり痛い。
1~3年の男7人組の物語。バカなことを行い、バカな対応をし、バカな結果となる。
しかし、ラストシーンは、吹っ切れたように、爽やかだ。

個人的には、主人公たちのアホな行動が招く不幸の連鎖にあきれてしまい、のめり込めない作品である。登場人物に共感ができないのだ。
強いて言えば、留年生のバット持って暴れる奴が、ナイスガイだったか。

プロデューサーの名前にエリック・ツァンのおっさんの名前を発見。

野球賭博が、かなり重要視されているが、1996年当時、高校生などにも大きな影響を与えた事件だそうだ。
ちなみに、台湾野球の八百長事件を元に馳星周が「夜光虫」という小説を書いている。

台湾野球と言えば、劇中「打てないから、日本が郭李を強奪した。」というようなせりふがあった。伊藤智仁(おまけで小桧山も)が、「俺らなんか足元に及ばない」と言われた郭李だが、入団した阪神では、股間に打球が直撃して以降、サッパリだった。映画とは関係ないけど。

この回、15人くらいの客しかいないのに、終了後ロビーに人だかり、次回入場者は70人超え。「?」だったが、舞台挨拶があるようだ。階段口に茶髪の小僧が立っていたが、後で調べるとそいつは、「台湾のスーパー・アイドル・ユニット棒棒堂Lollipop(バンバンタン)の弟分、マオティー(毛弟)ことチウ・イーチェン(チーション役)」で、「9/19(土)マオティー トークショー&サイン会 ユーロスペース 18:40の回上映終了後 ※当日ご鑑賞いただいた方で、パンフレットをご購入の方限定のサイン会を開催します。」だった。そういや、パンフレット買っている女子多かったな。

主人公の片割れのタンは、松前明彦にソックリだ。

お勧め度:☆☆★ 松前度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆★

台湾の青春映画

藍色夏恋 [DVD]

藍色夏恋 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


幼馴染の同級生に惚れられるが、同性愛者であった娘が主人公だったか。結構いい作品だったか。

↓言及した作品

夜光虫 (角川文庫)

夜光虫 (角川文庫)

  • 作者: 馳 星周
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: 文庫







nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 1

バラサ☆バラサ

どの言葉が寄せ付けるのか、出会い系サイトのコメントが嵐のようにつけられます。「股間」だろうか?
コメントに画像認証機能つけて様子見。
by バラサ☆バラサ (2010-09-27 15:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。