So-net無料ブログ作成

八つ墓村 [日本映画☆☆]

2009年9月2日(火)
レンタルDVD


八つ墓村 [DVD]

八つ墓村 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD



子供の頃にはまった横溝正史。中でも「八つ墓村」は、「犬神家の一族」と同様、飯を抜いても読み続けた。
小説の「八つ墓村」は、鍾乳洞を駆使した冒険あり、ラブロマンスあり、正調推理ありの大エンターテイメント作品だった。

公開当時、金田一耕介の渥美清に何でと思ったが、当時、日本映画を激しく蔑視してたので興味がまったくなかった。「タタリじゃぁ~」とかいうフレーズだけ記憶している。

で、今回が初見。脚本橋本忍、監督野村芳太郎という黄金コンビだ。期待度は上がる。

黄金コンビだったのは、「砂の器」だけだったということを忘れていた。

妙な脚色がなされてトンデモ映画になっている。橋本先生、「幻の湖」の直前の作品のようだ。この時に兆候が出ていたのか。

なんと、ラブロマンス担当のヒロインが、ばっさり物語からはずされている。
元々、被害者がすべて死んでから、よいしょと犯人を探し当てる傾向の強い金田一耕介だが、本作では一層その傾向が強い。正確に言うと、十分な説明も無く犯人を当ててくれる。勿論、ほとんど死んでから。
中盤の過去の事件での山崎努の狂気の演技は素晴らしい。クライマックスに似たようなメイクがあるが、唐突であり、出来損ないのホラーのようで、失笑を禁じえない。まあ、ある意味、一番面白かったが。萩原健一の脆弱さには、爆笑。

全体的にチンタラしているので、凄く眠くなる映画でもある。

お勧め度:☆☆ 推理度:★ 俺度:☆☆


山崎努の狂気の演技があった!



「丑三つの村」は、「八つ墓村」の32殺しのモデルの事件が題材。


八つ墓村 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

八つ墓村 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

  • 作者: 横溝 正史
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1971/04
  • メディア: 文庫







タグ:ミステリー
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

CORO

脚本が『幻の湖』の人というのがポイント高いですね^^
by CORO (2009-09-03 21:33) 

バラサ☆バラサ

>COROさん

橋本先生は、名作を数多く書かれているのですが。

でも「幻の湖」は、面白かったですよ。
「勝った!勝った!」からドゴーンの怒涛の展開。
by バラサ☆バラサ (2009-09-05 14:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。