So-net無料ブログ作成

瞳の中の訪問者 [日本映画☆☆]

2009年7月25日(土) 15:50~ シネマヴェーラ渋谷
料金:0円(二本立ての二本目)


瞳の中の訪問者 デラックス版 [DVD]

瞳の中の訪問者 デラックス版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



シネマヴェーラの「劇画≒映画(げきがニアイコールえいが)」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
手塚治虫「ブラックジャック」の実写化。宍戸扮するブラックジャックは何故か脇役という青春映画。テニスの特訓中に失明した少女は角膜移植手術を受けるが、それ以後ある男の像を見るようになる。その男を愛し始めた頃、少女の目の前に当の男が現れ…。手塚治虫に「こんな人間はいない」とまで言わしめた扮装の宍戸ブラックジャックは必見!謎の男・峰岸徹の怪演も光る一本。
<引用終り>

原作は、短編であり、純粋にサスペンスなんだが、本作は時間を延ばすために、他のエピソードを入れるなどせず、恋愛要素をいれて話を膨らませている。これが、果てしなくつまらんのだが。

錠のブラックジャックもアレだが、峰岸さんの王子っぷりが素敵すぎる。「背が高くてハンサムな方」と片平なぎさが言うので、おかしくないか?と思ったが、何故か廃屋で遊んでいた少年も「背が高くてハンサム」と表現している。大林には峰岸さんがハンサムで仕方ないようだ。だったら、「ねらわれた学園」で変な服着せるなよ。

ブラックジャックの家だけは、原作に忠実だ。

俺の好きだったB級アイドルいけだひろこの名が、キャストにあったのだが、片平なぎさに花を渡した自転車の子だったろうか?出番が少ないだろうと思ったが、あれだけかよ。

お勧め度:☆☆ 峰岸度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆


加山雄三です。サイケということにしておこう。


ブラック・ジャックOVA DVD-BOX

ブラック・ジャックOVA DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1) (秋田文庫)

Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1) (秋田文庫)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: 文庫



ブラック・ジャック・ザ・カルテ

ブラック・ジャック・ザ・カルテ

  • 作者: BJ症例検討会
  • 出版社/メーカー: 海拓舎
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本







nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 6

U3

加山雄三が実写版のブラックジャック遣ってたなんて知りませんでした。
しかも脚本はジェームズ三木・・・笑えます。
by U3 (2009-07-27 13:05) 

バラサ☆バラサ

>U3さん

映画版の脚本もジェームス三木です。

加山雄三の奴は、本編自身も変でした。だいたい毎週見ていましたが、内容は当然覚えていません。
by バラサ☆バラサ (2009-07-30 02:56) 

キキ

こんにちは。
映画館発行のチラシの文面にひかれます。
手塚治先生にそこまで言わしめた映画、観てみたいです。
ブラックジャックの家って・・・どんな家でしたっけ?
by キキ (2009-07-30 07:52) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

ブラックジャックの家は、海辺の崖の上の一軒家(平屋)です。
手術室、患者用ベッドも完備なんですが、映画ではダイニングルームで手術していました。
by バラサ☆バラサ (2009-08-03 23:27) 

CORO

宍戸錠のブラックジャック…斬新です^^
大林宣彦は峰岸徹大好きですよね。

by CORO (2009-08-08 20:33) 

バラサ☆バラサ

>COROさん

大林の、峰岸さんへの深い愛が感じられます。

そういえば、漫画でブラックジャックが錠の顔真似をしている(させられている)シーンがあったのを、今になって思い出しました。
by バラサ☆バラサ (2009-08-09 23:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。