So-net無料ブログ作成

真夏のオリオン [日本映画☆☆★]

6月22日(月) 18:15~ TOHOシネマズ日劇3
料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:600円(買っていない)

『真夏のオリオン』公式サイト

先ごろ俺の友人の友人であることを知った篠原哲雄監督作品。友人は、彼の映画を観ていないそうだ。薄情な奴。
スローなイメージのある監督なんだが、今回は戦争サスペンス映画。第二次世界大戦、日本軍の潜水艦と米軍駆逐艦の攻防。

玉山鉄二との区分が困難な玉木宏が主演艦長役。最近「ハゲタカ」も観たので、何とか区分できるようになった。と、思う。俺はおっさんなので、自信は無いが。

潔い職業軍人の知力をつくした攻防戦という雰囲気で、なんともゲームみたいな作品であった。それはそれで面白いのだが。
古代進とデスラー総統を思い起こさせる。好敵手という奴だ。強敵と書いて「とも」では無い。

若きエリート将校であろう玉木や古参の部下との関係の描き方は淡白で、一部巷で言われているような強いリーダーシップを感じられなかった。
吉田栄作が無条件服従、しかもリスペクトしているようだったのは、極めて謎。
篠原監督、慣れない特撮映画なので、人間描写が疎かになったのであろうか。

キーワードである「オリオン」、その音楽も残念ながら希薄な印象だ。

ただ最後のシーンが、あっさりしているところは好感が持てる。
超人仙崎およびそれに似た人が活躍する作品群とは大違いだ。

沈んだ友人とコンコンと対話し、自ら危機を招くのは仙崎の行動を彷彿させるが、感傷に浸っているのでなく、敵の弱点を聞いたということで、許すこととする。

お勧め度:☆☆★ 好敵手度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆

↓監督の作品(観たのだけ)
↓深田恭子のファン以外不要。

死者の学園祭 [DVD]

死者の学園祭 [DVD]

  • 出版社/メーカー: PI,ASM/角川書店
  • メディア: DVD


↓オムニバスの中のひとつ。覚えていない。

Jam Films [DVD]

Jam Films [DVD]

  • 出版社/メーカー: SEGA
  • メディア: DVD


↓スロー・ムービーの傑作。

深呼吸の必要 [DVD]

深呼吸の必要 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD


↓これはいまいち。

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD








nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 3

non_0101

こんにちは。
戦争映画と構えていったのですけど、意外にさらりと見られる作品でした~
> 超人仙崎
地下ではなくて海上の人ですね。あのスーパーさは凄いですよね(笑)

by non_0101 (2009-06-23 12:50) 

たいむ

>古代進とデスラー総統
私もなのですけど、ところどころで言われていているのをみると
なんだか嬉しくなりますね。

戦争モノなのにあっさりが逆にイイ感じでした(^^)
by たいむ (2009-06-23 16:34) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん
戦争映画ですが、戦死者は事故死の奴だけですし。
艦長同士のシミュレーションでの戦いみたいな印象でした。

地下にいた仙崎に似た人(車のセールス)も並ではありません(笑)

>たいむさん
本当だったら古代ではなく沖田艦長と言いたいところですが、世間一般の好敵手の評価は、古代とデスラーですからね。やはり、それを想像する人が多かったんですね。

by バラサ☆バラサ (2009-06-23 23:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。