So-net無料ブログ作成

愛を読むひと [外国映画☆☆★]

2009年6月23日(日) 19:35~ TOHOシネマズ スカラ座
料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認


愛を読むひと (完全無修正版) 〔初回限定:美麗スリーブケース付〕 [DVD]

愛を読むひと (完全無修正版) 〔初回限定:美麗スリーブケース付〕 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



『愛を読むひと』公式サイト

例によってドイツ人がドイツで英語を話している。
アメリカとドイツの合作だそうだが、役者はアメリカ人。
「朗読者」という小説が原作で、これはドイツ人の手によるもの。

主人公はマイケルだが、ミハエルとは呼ばないようだ。
ミハエル・シューマッハーでなく、マイケル・シェンカーだな。(意味不明)

少年の恋の手解きをしてくれた中年おばさんが、ナチス戦犯として法学生となった少年の前で裁きを受けて、中年になった主人公は、文学の朗読テープを老婆となった牢獄の彼女に送り、出所の日が来てそして・・・。

中々含蓄のある重たい作品なのだが、前半の「青い体験」なストーリーが、あまりに長い。飽きてくるほど長い。この部分が、もう少しタイトだったら、もっと良い作品になったと思うのだが。
板の切れ端を独占したために、ディカプリオを溺れさせてしまった例の巨大な女性が魅力に乏しいので、退屈だったのかもしれない。顔は細くなったが、二の腕と太ももは健在である。

あの時、船の矛先から二人とも転落しなかったのは、理解に苦しむ。

お勧め度:☆☆★ 青い度:☆☆☆ 俺度:☆☆


↓原作

朗読者 (新潮文庫)

朗読者 (新潮文庫)

  • 作者: ベルンハルト シュリンク
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 文庫


↓これは違います。

愛を読む人

愛を読む人

  • 作者: パール アブラハム
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1998/02
  • メディア: 単行本








nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(22) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 6

non_0101

こんにちは。
> あの時、船の矛先から二人とも転落しなかったのは、理解に苦しむ
大爆笑してしまいました(^^ゞ
by non_0101 (2009-06-23 12:52) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

楽しんでいただければ、嬉しいです。
by バラサ☆バラサ (2009-06-23 23:38) 

キキ

こんにちは。
私も爆笑です!
確かにお二人とも今なら落ちそう。
フランス人だったらマイケルはミッシェルでしょうか。
by キキ (2009-06-24 08:01) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

笑っていただき、なによりです。
当時は、ディカプリオがケイトを支えきれなくて落ちる構図です。

ミッシェルですね。
by バラサ☆バラサ (2009-06-27 00:29) 

hash

こんばんは。
>前半の「青い体験」なストーリー
こちらがメインで、後は補足なのかと思いました。
by hash (2009-07-05 01:12) 

バラサ☆バラサ

>hashさん
前半が長すぎですよね。どうにもバランスが悪いです。
by バラサ☆バラサ (2009-07-06 23:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 22

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。