So-net無料ブログ作成

DISCO ディスコ [外国映画☆☆★]

2009年6月20日(土)
レンタルDVD


DISCO ディスコ [DVD]

DISCO ディスコ [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



『DISCO ディスコ』公式サイト

シャンテで予告編(文字と音楽のみ)を観た時から、観たくてたまらなかった。まったく人気がなかったようで、瞬く間に昼二回上映に陥落、直ぐに終了と劇場で結局観られなかった期待の作品。

母親に養ってもらっているような駄目40男ディディエ・トラボルタ(芸名)。名が示すように昔のディスコの帝王。
駄目男には子供がいるが、別れたイギリス人の元妻にイギリスに連れて行かれてしまった。
「フランスには寄越さない。バカンスなら会わせてやる。」との手紙が元妻から送られてくる。
駄目男ディディエは、イギリスに渡る金も無い始末。
そこに、クラブ・オーナーがディスコ・コンテストを行い、優勝者にはオーストラリアへの往復航空券を進呈すると発表。
昔の仲間を集めて、昔のグループ「ビー・キング」を再結成する。
さて、・・・。

駄目な奴が努力して、栄光を勝ち取るという、掃いて捨てるほどあるパターン。
しかし、主役が40男。感動させる熱血作品の訳が無い。能天気なヌルイ間抜けなコメディ映画である。まったく努力していないし。

「ビー・キング」は’BE KING'でなく’BEE KING'。BEEはビー・ジーズが由来だそうだ。
ビー・ジーズの名曲「愛はきらめきの中に」がテーマ曲のように3回かかる。一つは主人公の歌だ。案の定下手クッソウ。我々もカラオケで歌う時がある。しょっぱなから高音なので、死にそうになる。当然、下手クッソウ。

やはり70年代80年代のディスコ曲はいいな。
映画の内容はともかく、当時の音楽ファン必見の作品だ。

そういやあ、10年くらい前、六本木のCASTILLOという多国籍な店(外人バーとも言う)、売りが70年代80年代ディスコ音楽だったが、今も現存するのだろうか。日本人のくせに日本語が判らないふりをしていたオーナーは健在だろうか。

近年は、銀座にも70年代80年代ディスコ音楽店が展開されている。素晴らしいことだ。

お勧め度:☆☆★ 能天気度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆

映画で登場した名曲


ビージーズ - サタデー・ナイト・フィーバー - 愛はきらめきの中に愛はきらめきの中に


ビージーズ - サタデー・ナイト・フィーバー - 恋のナイト・フィーバー恋のナイト・フィーバー


Earth, Wind & Fire - Live in VELFARRE - SeptemberSeptember


Earth, Wind & Fire - Live in VELFARRE - Boogie WonderlandBoogie Wonderland


Boney M. - The Collection - SunnySunny






タグ:ダンス映画
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

rose_chocolat

こんばんは。
こういう、ちょっとチープっぽいけど懐かしのコメディみたいなのって大好きです!
そんなに努力したくないので(笑)、このくらいのゆるさっていうか、そういう感じがいいw
あのダンスでどーしてキング!? という、もう1つのダンスユニットとはレベルが段違いのありえない系のダンスも、らしくてよいですね。

>銀座にも70年代80年代ディスコ音楽店が展開されている

そんなお店あるんですか!? 行ってみたいなあ。
あ、でもこの年になると、お気軽な服装じゃないと、もう行く気がしないかも。 笑
by rose_chocolat (2009-06-24 20:50) 

バラサ☆バラサ

>rose_chocolatさん

努力していないのが、この映画の素敵なところです。力が抜けています。

銀座で2軒くらい行ったことがあります。6丁目近辺でした。音が漏れてくるので、何となくわかります。

by バラサ☆バラサ (2009-06-27 00:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。