So-net無料ブログ作成

おと・な・り [日本映画☆☆☆★]

2009年6月17日(水) 13:50~ 恵比寿ガーデンシネマ1
料金:1000円(水曜日割引) パンフレット:800円(買っていない)

『おと・な・り』公式サイト

「おと な  り」とも表記されている。
麻生久美子強化月間の3作品。いよいよ最後。
他の二作が浮世離れしている人たちの話であったが、こちらは普通の人間が出ている。

麻生久美子と岡田准一がアパートの隣通し。その二人のラブストーリーのはずなのだが、なんとこれが最後まで始まらない。エンドロール中の会話で、海外から戻ってきてから、付き合っているようだということが想像されるだけ。それに関しては、2年後とかテロップが出て映像を出すよりは、1万倍良い演出だと思う。

さて始まらないラブストーリーであるのだから、二人の話が別々に並行して進む。
30代が遠い昔になってしまった俺様だが、30代の男女の一人での寂しさ、周囲の暖かさが身にしみる話。何か郷愁みたいなものを感じた。

「おと」で切っているように、壁が薄くて音が筒抜けのアパートの互いの出す音が、物語のキーになっている。
とも言いがたいかなぁ。ま、飾りだ。コーヒー豆を引く音はともかく、フランス語の練習は心安らぐ音なのか。

麻生久美子が隣人であっても、あんな音の筒抜けの部屋には住みたくないな。

エンドロールまで気が付かなかったが、美月ちゃんが珍しく喧しいキャラクターを好演。

麻生久美子月間では一番で、彼女の出演作(観たもので)の中でもベスト。

お勧め度:☆☆☆★ 美月五月蝿い度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆



岡田は、インタビューでこの作品に言及している。

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • メディア: DVD








nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(20) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 2

non_0101

こんにちは。
とても優しくて可愛い物語でした。
都会だからこその距離感が面白かったです。
> フランス語の練習は心安らぐ音なのか
彼女の前向きな元気さの音がいいなあと思えるのは、
やっぱりその人に既に好意を持っているからですよね(^^ゞ
by non_0101 (2009-06-21 19:39) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

優しいと言えば、コンビニ店長以外は優しい人間で、まあ、奴はとても寂しい人間なのですが、市川実日子が、美味しい役を貰っていたなと思います。
by バラサ☆バラサ (2009-06-22 23:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。