So-net無料ブログ作成

ウォーロード/男たちの誓い [亜州映画☆☆]

5月25日(月) 19:25~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン
料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:500円(買っていない)

『ウォーロード/男たちの誓い』公式サイト

リー・リンチェイ、アンディ・ラウ、金城武が義兄弟の豪華キャスト。「ラヴソング」のピーター・チャンが監督、アクション監督にチウ・シントン師父の豪華スタッフ。なのに、銀座では公開されず、一部シネコンでの限定公開。その理由は映画の中身にあった。

リンチェイ「英雄」、アンディ「墨攻」、金城「レッドクリフ」なものだから、昔の中国が舞台だと思っていたら、清朝末期、太平天国の乱の話だった。清朝なので、リンチェイは、ウォン・フェイフォンと同じ髪型である。

とりあえず、歴史的背景は知らなくても観れるようになっている。

清軍の敗軍の将リンチェイ、軍隊全滅一人生き残りたどりつたのは、アンディと金城の率いる盗賊グループの元。成り行きで盗賊を軍隊として率いることになったリンチェイ。アンディと金城と義兄弟の契りを誓う。リンチェイは長兄だ。なんだかんだで勝ち進むリンチェイ軍。と、話の最初の4分の3くらいが戦争アクションだ。

ここで、一転。大乱制圧の最後の戦いと思われる南京攻略は、いきなり結果のみ表示で、戦いの様子は無し。いきなりの大乱制圧後、物語残り4分の1からは、主役の3人の感情の変化が、詰め込み式で語られる。義兄弟の心が離れていくなどで、本来ドラマティックなところなのだが、どうにも説明不測で、消化不良な感が否めない。こちらのパートの話が短すぎ、あまりにバランスが悪い。

アクションに徹するか、アクションを最小限にし、後ろの4分の1を膨らませるか、どちらかに注力すべきだったろう。どうにも中途半端な作品に終わっている。

最初と最後にほんの少しだけ、サービスのようにリンチェイが武芸を披露する。これも中途半端の象徴だ。

まあ、作品に対する怒りは、最後にアルフィーが別方面に逸らしてくれるのだが。

お勧め度:☆☆ ワイヤー度:☆ 俺度:☆☆

時代背景


太平天国 (陳舜臣中国ライブラリー)

太平天国 (陳舜臣中国ライブラリー)

  • 作者: 陳 舜臣
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 単行本



阿片戦争 上 滄海編 (講談社文庫 ち 1-1)

阿片戦争 上 滄海編 (講談社文庫 ち 1-1)

  • 作者: 陳 舜臣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1973/08
  • メディア: 文庫



西太后―大清帝国最後の光芒 (中公新書)

西太后―大清帝国最後の光芒 (中公新書)

  • 作者: 加藤 徹
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 新書







nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(19) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 4

hash

こんばんは。
>消化不良
全くですね。
長すぎてカットしたのか、最初から撮ってないのか、気になりました。
>中途半端
女性の存在も中途半端でしたね。
by hash (2009-05-27 00:27) 

バラサ☆バラサ

>hashさん

物語のバランスが悪すぎました。
ピーター・チャンには、ビッグバジェットは無理なんでしょうね。
by バラサ☆バラサ (2009-05-28 02:23) 

通りすがりですが・・・

物語のバランスはこれでよかったと思います。
南京攻略を、あのあとまた延々と描写していたら、それこそくどすぎ。
テーマがぼやけ、作品のバランスを欠くことになったと思う。

by 通りすがりですが・・・ (2009-06-05 11:47) 

バラサ☆バラサ

>通りすがりさん
仰るとおり南京のくだりを前と同じ長さでやったらくどいですよね。
戦いと戦い後のバランスが良くないと思うのです。

by バラサ☆バラサ (2009-06-07 00:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。