So-net無料ブログ作成

ザ・ゴキブリ [日本映画☆☆★]

2009年4月29日(木) 20:15~ シネマヴェーラ渋谷
料金:0円(二本立ての二本目)

zagokiburi.JPG

シネマヴェーラの「東宝アクション!2」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
ゴキブリ(暴力団)狩りを自認する刑事の型破りな捜査を描くシリーズ第2作。ゴキブリ刑事こと鳴神涼は、友人である元刑事・山岡が出所するのを迎えに行った際、十文字会の殺し屋に襲われる。危機を脱した鳴神は山岡を元吉田組々長に預け、自分は転任先であるコンビナート臨海工業地帯の街に向かう。ところが、そこには公害企業とつるんで甘い汁を吸うゴキブリどもがウヨウヨしていて…。
<引用終り>

若き日の大門部長刑事(角刈り、グラサン、スーツ)の暴走。とても設定の30歳に見えない。(何と撮影時の年齢は31,2歳!!実物も老けている!)
悪人を情け容赦なく射殺。
署長も悪に加担しているようだったのに、何故に粛清しなかったのだろう。
砂に埋められた車からの脱出シーンは必見。その手があったか!と感嘆できない!

丹波先生の名前が、キャストの最後にドーンと出てきたので、期待していたのだが、本編で発見できず。
フィルムが古くて、ところどころ飛んだりしているので、切れてしまったのか。ボケてて見落としたか。

阿部徹さんが、例の悪人面で得意のヤクザを好演。やられ方が相変わらず素晴らしい。

後の麻生探偵事務所のキャップ、沖雅也は、まったくもって活躍せず。

峰岸徹の恋人役の本田みちこなる人が、とっても可愛い。
今日は、二人の素敵なマイナー女優が収穫。それだけで満足だ。

お勧め度:☆☆★ 拳銃乱射度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆

本田みちこさんの出演作品

狼の紋章 [DVD]

狼の紋章 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


なんと、これ一作品のみソフト化。観たのだけど、印象に残っていない。


おまけ。大門になる前、黒岩時代。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。