So-net無料ブログ作成

おっぱいバレー [日本映画☆☆★]

2009年4月25日(土) 13:55~ TOHOシネマズ川崎8
料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認

『おっぱいバレー』公式サイト

作風の変わった東映。これも最近の路線を感じるが、はたして内容はどうか。

1979年の設定であるが、時代考証が無茶苦茶。冒頭の主役クラスの中学生達の私服および自転車が、当時にはありえない。街中を走行している車のスタイルは、その時代を感じさせるものであるが、定食屋の窓から見えてしまう停車するバスの入り口がバリアフリー対応だ!それぐらい、撮り直ししろよ。
女子中学生が、いくら九州が舞台といえ、「シーナ&ロケッツ」のファンだというのも解せない。

駄目チームが努力の末善戦するという王道スポーツ映画なのだが、この小僧どもは最後までフライング・レシーブが出来るようにならない。あれは、最初顎や腰を打ち付けて、猛烈に痛いのだが、2,3日すれば出来るようになるぞ。
酷いのはオーバーハンドパスだ。肘が開きすぎて、下手糞な女式のものである。
そんな奴らが、二軍とは言え名門校チームから1セット奪取できるのは、説得力がまったくない。事実、15対0で叩きのめされる1セット目と何故か奪取する2セット目では、相手選手が手を抜いているのが明らかに判る。鋭角に決まっていたスパイクが山なりになるのだ。
大林素子が指導したそうだが、何を教えたんだろう。

そして、小僧どものモティベーションとなる「おっぱい」だが、綾瀬はるかの衣装が、それを際立たせるようなものでないため、魅力的に思えない。まあ、あまりえげつないのは考え物だが。

主役級の小僧どもに個性が無いのも駄目だ。もう少しキャラ付けしてくれないと、応援する気になれないというものだ。ガールフレンドみたいな娘も存在価値ないし。極めて薄い。

意味不明なのは、映画のポスターが、「エビ星人の逆襲」とかいうオリジナルのもので凝っていたことだ。

監督は、世紀の愚作「Limit of Love海猿」、見ていないが愚作らしい「銀色のシーズン」の奴。
まあ、それ自体で駄目なのは保証されているようなものだ。

と、好意的な評価がゼロなのだが、話全体としては、何故だか結構楽しめたぞ。他愛の無い平和な作品で、全体的には好感が持てる。
音楽に関しては、かなりいい選曲。

まあ実際のところ、折角の題材なのに生かしきれなかった。すべては大林素子の指導力の無さに起因している。肝心の試合のシーンが盛り上がらないとは・・・
「もっとがんばりましょう」

お勧め度:☆☆★ 猛練習度:ー 俺度:☆☆☆
タイトルの一部が、gooのNGワードのようで、トラックバックできませんので、その節はご了承ください。

劇中曲など


 ウィスキー・コーク 


 風を感じて 


 永井龍雲/Best 97 
から「道標ない旅」


 キャンディーズ/Dream Price 1000 -春一番 
から「微笑みがえし」


 個人授業 
映画の主題歌。歌っているのは、フィンガー5ではない。


ちなみに「シーナ&ロケッツ」
井上順と芳村真理の番組に出ている。桜田淳子の姿確認。

↓原作

おっぱいバレー〈1〉 (リンダブックス)

おっぱいバレー〈1〉 (リンダブックス)

  • 作者: 水野 宗徳
  • 出版社/メーカー: 泰文堂
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 文庫



おっぱいバレー〈2〉恋のビーチバレーボール編 (リンダブックス)

おっぱいバレー〈2〉恋のビーチバレーボール編 (リンダブックス)

  • 作者: 水野 宗徳
  • 出版社/メーカー: 泰文堂
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 文庫


↓ムック

綾瀬はるか in おっぱいバレーオフィシャルPHOTOブック <テレビタロウ特別編集> (TOKYO NEWS MOOK (通巻149号))

綾瀬はるか in おっぱいバレーオフィシャルPHOTOブック <テレビタロウ特別編集> (TOKYO NEWS MOOK (通巻149号))

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2009/04/14
  • メディア: ムック







nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(17) 

nice! 1

コメント 2

シムウナ

最初は、なんて如何わしいタイトルなんだと。
これを映画にするのか・・・と思いましたが
100%の感動作品ものでした。
前半の笑いと後半の涙、バランスが絶妙でした。
タイトルは一瞬、えっ!?となりますが
女性に薦めたい映画です。
by シムウナ (2009-04-28 00:11) 

バラサ☆バラサ

>シムウナさん

惜しむらくは、中学生達が下手すぎることです。
一軍に叩きのめされるシーンも撮りようがあるんですが・・・

女性に薦めるかはともかかく(笑)、カップルで見に来ている連中が結構いましたね。
by バラサ☆バラサ (2009-04-28 17:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。