So-net無料ブログ作成

7つの贈り物 [外国映画☆☆]

2009年3月5日(木) 21:10~ TOHOシネマズ川崎1
料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認

『7つの贈り物』公式サイト

感動押し付け作品、俺にとっては幼児虐待にしか思えず、極めて不快だった「幸せのちから」。
本作は、「幸せのちからの監督最新作」というのを売り文句にして宣伝している。まるでお前は来るなと言っているようなものなのだが、ウィル・スミスの連敗記録更新かを見届ける意味でも、入場お断りされているようなのに観に行った。

話はミステリー仕立てだ。主人公のベンは、7人の人物のリストを持っており、それぞれの人々に接近、贈り物を与えて人生を変えていく。何のために?
というのが公式サイトで紹介されているストーリーの概略。それ以上は秘密だそうだ。見たことの無い衝撃的な結末に感動するそうだ。

それほど衝撃的でなく、簡単に予想できる展開。そして、相変わらず細部は甘い。アレが心臓病に大丈夫なのかとか筆頭に、考証が十分なされていないような。

そもそも7人を簡単に挙げることができない。エミリー(心臓)、エズラ(目)、福祉の人(肝臓)、あれ(肺)、黒人の坊主(骨髄)、メキシコ女、婆さん
で正解?婆さんに自信が無い。そういやホッケーのコーチもいたな。
なんでその7人がピックアップされたの?事故と関係あるのだろうけど、具体的な説明あった?
ウトウトしてしまったからなぁ。俺が寝ていた時か?

ミステリー仕立てなのに、納得のいく説明をしてくれなかった感が否めない。いや、ウトウトしていたので、俺の見落としかもしれないのだけど。

しかし、運転中に携帯のメールを見るような奴が悪い。自業自得だ。それなのに、選別して施しをくれてやるとは、なんたる傲慢な行為。贖罪としては認められない。
「幸せのちから」に続いての独りよがりの自分勝手な人物。

ただ、ラストのエミリーとエズラのシーンは良かった。不覚にも少し感動。

ウィル・スミス連敗記録継続中。興行では惨敗。内容でも完敗だな。

お勧め度:☆☆ ミステリー解決度:★ 俺度:☆☆

こういうのを思い出した↓。

タイムリセット~運命からの逃走~ [DVD]

タイムリセット~運命からの逃走~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD


自分たちの運命を変えるため、坊主から受けたミッション死ぬ運命の5人を助ける話。
「7つの贈り物」は、最初この作品を思い出し、7人それぞれにドラマがあり、7人の人生に関わり、それを良い方向に変えていくオムニバスなものだと思っていたよ。

Black Jack―The best 12 stories by Osamu Tezuka (16) (秋田文庫)

Black Jack―The best 12 stories by Osamu Tezuka (16) (秋田文庫)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2000/05
  • メディア: 文庫


当巻収録の「ミユキとベン」。ここからアイディアを拝借していないかと勘ぐりたくなる。名前もベンだし。

↓ノベライゼーション

7つの贈り物

7つの贈り物

  • 作者: グラント・ニーポルテ
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/02/04
  • メディア: 単行本







nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(34) 

nice! 7

コメント 6

キキ

こんにちは。
「幸せのちから」「ハンコック」でウィル・スミスには騙されっぱなしです。
今回もやはり・・・なんですね。

by キキ (2009-03-07 08:05) 

non_0101

こんばんは。
今回はしんどい作品でしたね~
“アレが心臓病に大丈夫なのか”は謎でした。
一応は大丈夫なのかなあ。本当はどうなのでしょうね(^^ゞ
by non_0101 (2009-03-08 21:04) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

ウィル・スミスの連敗更新中です。コメディにでも出ていればいいのに。「ハンコック」も前半は快調でしたし。

>non_0101さん

アレはいかんと思います。
それにしても、他のもの見ればよかったです。
by バラサ☆バラサ (2009-03-10 23:40) 

なぎさ

バサラ☆バサラさん こんにちは~♪

>ウィル・スミス連敗記録継続中。

バサラさん私も同感ですぅ。
この人大丈夫ですかって心配になってきます。
立て続けにこぉも駄作続きですとさすがに鑑賞する気力が萎えてきますね。
by なぎさ (2009-03-13 08:58) 

sakurai

駄作とわかってても、こうやって見に行く人がいっぱいいるということで、ウィルの勝ちでしょう。
あたしは試写会だったので、なんとも言えないですわ。
金払って見たら、どう思ったかしらん。

なんでこの人たちを選んだのかの説明はなかったと思います。
寝てても支障はなかったと。
移植は誰から・・・ていうのは内緒のはずですよね。
その辺も頭がウニです。

by sakurai (2009-03-13 09:09) 

バラサ☆バラサ

>なぎささん
ウィル・スミスは、原点回帰で、馬鹿馬鹿しい作品のヒーローを演じたほうがいいですね。感動的な要素を入れてはいけない。
「インデペンデス・デイ」レベルの感動ならOKです。

>sakuraiさん
ウィルの勝ちか。一般的な興業は悪くても、映画ファンはほとんど観にいってますからね。
そうだ、ドナーは秘密ですね。根本的に誤っていますね!
by バラサ☆バラサ (2009-03-15 22:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 34

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。