So-net無料ブログ作成
検索選択

櫻の園 -さくらのその- [日本映画☆☆★]

11月15日(土) 16:35~ TOHOシネマズ川崎
料金:1300円(川崎の金券屋で前売りを購入) プログラム:700円(未購入)

『櫻の園 -さくらのその-』公式サイト

1990年の映画を監督の中原俊が自らセルフリメイク。前作は見ていない。もともとは吉田秋生のマンガが原作。
女子高生がチェーホフの芝居を上演する話だが、前作は開演2時間前の話であったのに対し、本作は2ヶ月くらい前からの話になっている。登場人物の名前も異なっているので、正確にはリメイクではないか。

容易に想像できるように、学校側から辞めさせられそうになったり、主人公の情熱が薄れてきたりと問題が発生するが、それを克服して上演に漕ぎ着けるという話だ。物語の最後は、上演直前で終わるので、つまらん劇中劇を見させられる心配は無い。

映画としては可もなく不可もないという中途半端な印象。ヒロインが骨格がよく、図太い声なので、魅力を感じられなかったのが、最大の問題だ。悪人が一人も出てこないというのも如何なものか。
ただ、陸上部の全校のアイドルの大柄な娘が、ナイスガイ(?)としか表現しようがない人格者。こいつは素晴らしい奴だ。

大杉漣が、人柄の良い用務員で出演。まったく、よく出てくるオッサンだ。
上戸綾が、主人公のボーイフレンドのバンドのボーカルとして、チョイ出演。歌を披露している。

お勧め度:☆☆★ 大杉用務員度:☆☆☆ 俺度:☆☆


予告編

↓原作

櫻の園 白泉社文庫

櫻の園 白泉社文庫



↓芝居の原作

桜の園 (岩波文庫)

桜の園 (岩波文庫)

  • 作者: チェーホフ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1998/03
  • メディア: 文庫


↓本作のムック本

櫻の園―Official Visual Book―

櫻の園―Official Visual Book―

  • 作者: 小学館集英社プロダクション
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2008/11/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


↓前作

櫻の園

櫻の園

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD




前作の予告編
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 8

ぷくちゃん

こんにちは。こちらもTBありがとうございます。

>ヒロインが骨格がよく、図太い声なので、魅力を感じられなかったのが、最大の問題だ。

おお、同志よ!(なれなれしい)ここですよ。なんだかナイーブさがないので、本当は元気で明るいのだろ!と感じました。もっと適役いただろうに・・・・
by ぷくちゃん (2008-11-18 05:34) 

バラサ☆バラサ

>ぷくちゃんさん

>おお、同志よ!(なれなれしい)ここですよ。
わたしとぷくちゃんの仲でないですか。(なれなれしい)

すごい大女な感じがするんですよね。実際のところ155cmだそうなんですが。ミスキャストってやつですか。
by バラサ☆バラサ (2008-11-19 22:41) 

non_0101

こんにちは。
前作はもう少し落ち着いていて秘密の香りがしたような気がしたのでけど
今回は主演を演じた女優さんに合わせて元気な学園ものになってました…
> ナイスガイ(?)としか表現しようがない人格者
でしたね♪ 彼女が女子高にいたら、絶対に憧れの的ですよね☆
by non_0101 (2008-11-24 09:32) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

秘密の香りですか!
興味がわきますね。まずは、漫画でも読んでみようかな。
by バラサ☆バラサ (2008-11-25 02:29) 

sakurai

どうもです。
これでもあたくし、女子高出身なので、あの雰囲気はわかりますが、映画は半端な作りでしたね~。
撮影したとこが、娘の卒業した学校(女子高ではありません)だったので、見に行ったようなもんですが、おばさんが見る映画ではなかったですわ。
いい男でてないんですもん。
by sakurai (2008-11-25 08:36) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

観客はオッサンばかりだったのですが、オッサンの見る映画でも無いかもしれません。だって、いい女でていないですから。個人的な好みですが・・・

あの学校は良さそうですね。
by バラサ☆バラサ (2008-11-27 12:35) 

マーシャル

ありえないミスキャストですよね。。。
劇場に足を運ぶ気がなくなりました。

女子校ものすきなのに、ナイーヴな世界観や、お嬢様学校という設定も
セルフリメイクも出演者や脚本も福田サキのせいでめちゃくちゃチグハグ。。。

杏とか福田とか、彼氏がどうだとか、サンジャポの取材に対する受け答えも沢尻以上になってないし
俳優としての自覚が足りてなさ過ぎると言わざるを得ない。

ムック本売れたのですかね。。。
by マーシャル (2009-01-09 09:18) 

バラサ☆バラサ

>マーシャルさん

至上稀に見る劇場動員の少なさだったそうです。

脚本も半端、キャラクター設定もなっとらん。おまけにヒロインは体格が良すぎる。
何ともしょうもない凡作でした。
by バラサ☆バラサ (2009-01-10 00:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 14

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。