So-net無料ブログ作成

ブタがいた教室 [日本映画☆☆☆]



2008年11月12日(水) 20:50~ チネ5
料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円(未購入)

『ブタがいた教室』公式サイト

豚を飼育し、食べる。
大阪の小学校での実話。飼った動物を食べることが出来るのか。葛藤することで、「食べること」を考える。
小学生たちには、脚本が渡されず、撮影の180日間、自分の思いや意見を考え、ぶつけたとのこと。

小学生や小学教師必見の映画に仕上がった。
原田美枝子の校長、妻夫木の主役教師、なによりも大杉漣の教頭が素晴らしい。大杉漣、柳生博以来の教頭の似合う役者認定。田畑智子は、どうでもいいや。

ただ、大人が食を考えるのであれば、本作よりも、「いのちの食べかた」を見ることをお勧めする。
こちらは、寧ろ教育を考える映画であろう。人の意見を聞かせようとする、妻夫木演じる教師の姿勢が素晴らしい。結論を急ぐ上に朝令暮改な俺には、とても出来ない業だ。

お勧め度:☆☆☆ 大杉教頭度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆

↓原作。原案。

豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日

豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日

  • 作者: 黒田 恭史
  • 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 単行本


↓映画との関係はないけれど。

豚トントンの一生―生まれて、育って、そして食べられるまで

豚トントンの一生―生まれて、育って、そして食べられるまで

  • 作者: 本山 ちさと
  • 出版社/メーカー: 海苑社
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 単行本



最後は、「食う」派の一人の父親(焼肉屋のようだ)が、Pちゃんを捌いて皆で食うのか、少しだけワクワクしていたのだが、流石にそこまではしなかったなぁ。それは、小学生にはやり過ぎか。

↓「いのちの食べかた」シアター・イメージフォーラムで異例のロングランだった。

いのちの食べかた

いのちの食べかた

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD


「しのちの食べかた」の過去の記事はこちら
↓豚を飼うというと、これを思い出した。

Jドリーム (1) (講談社漫画文庫)

Jドリーム (1) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 塀内 夏子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 文庫



タグ:実話
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(19) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 6

マヌカン☆

この映画 予告編で見たのですが見に行く勇気が出ないんです(苦笑)
by マヌカン☆ (2008-11-13 22:15) 

バラサ☆バラサ

>マヌカン☆さん

勇気を出して行ってみましょう。

by バラサ☆バラサ (2008-11-17 01:14) 

キキ

こんにちは。
「いのちの食べ方」は予告を見た段階で行けませんでした。
さすがにとんかつになって出てくることはなかったんですが、トラックで運ばれるPちゃんは切なかったです。
そこは実際のドキュメンタリーに忠実につくられていたみたいですね。
いろいろ考えさせられました。
by キキ (2008-11-23 11:11) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

「いのちの食べかた」の映像は、強烈ですからねぇ。

賛成派のオヤジが捌いてしまうのかと思ったりもしましたが、流石にそんなことは無いでしたね。そっれでも、トラックに乗せられる時、「ピギー!」と鳴く様は、「いのちの食べかた」を思い出しました。
by バラサ☆バラサ (2008-11-25 02:24) 

non_0101

こんばんは。
子供たちの真剣な姿に胸を打たれました~
あれだけ真剣に話し合うという経験はなかなか出来ませんね。
そして、子供の頃にこれだけ真剣に命と向き合うのというのも。
当時のドキュメンタリーも観てみたいです。
by non_0101 (2008-12-09 00:16) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

つたない論理ですけど、自分の言葉で話しているのがいいですね。かなり抱いたんですが、いい教育だと思います。
ドキュメンタリー見たいですね。
by バラサ☆バラサ (2008-12-09 19:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。