So-net無料ブログ作成

庭から昇ったロケット雲 [外国映画☆☆☆]

10月11日(土) 15:50~ 三軒茶屋中央劇場
料金:0円(二本立ての二本目) パンフ:非売


アストロノーツ・ファーマー/庭から昇ったロケット雲

アストロノーツ・ファーマー/庭から昇ったロケット雲

  • 出版社/メーカー: NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
  • メディア: DVD



『庭から昇ったロケット雲』公式サイト

DVDには、英語原題がつけられている。

宇宙飛行士の夢を事情により絶たれた男が、自作のロケットで宇宙に飛び立とうとする話。

予告編を見たときから傑作「世界最速のインディアン」と同じ匂いを感じ取り、期待していた作品だが、この日まで観そびれていた。念願かなって鑑賞。同時上映「僕の彼女はサイボーグ」は、おまけ。

さて、その出来は?

「世界最速のインディアン」が、善人しか出てこない、挫折もほんの一瞬だけで、ほぼ順調に成功に突き進む、わりと単純な作品であったのだが、同じ夢を追求する本作は、そう簡単な話では無かった。

夢の追求、多額の借金、家族の犠牲、国家による妨害、挫折、家族の応援、友情などなど、色々なことを考えさせられる話だった。

いずれにせよ、「夢を諦めるな。夢は家族と共有して追え。努力は報われる。」ということを言っている、いかにもアメリカらしい映画である。

一方、自分勝手な奴が、周囲を犠牲に好き勝手して、挙句の果てに失敗するんだが、周囲の助けと励ましで成功を収める虫のいい噺であるとも言える。

感じ方によっては、後者のようなすごく不快な映画になるかもしれない。幸い俺は単純な人間なんで、前者のように感じたのだが。

主人公の娘二人が、とてつもなく可愛いのだけは、意見は分かれないだろう。

どうでもいいことだが、主役の、ビリー・ボブ・ソーントンは、慶応高校野球部のエース田村君のオヤジに良く似ている。

お勧め度:☆☆☆ 家族愛度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆

夢を叶えて宇宙に行く話しが他にもあったんだが・・・
ああ、ダイゴの話か・・・(ウルトラ8兄弟の映画)


世界最速のインディアン ゴッド・オブ・スピード・エディション

世界最速のインディアン ゴッド・オブ・スピード・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD


その悪人が一人も出てこないところ、主役の爺がナイスガイで、あれこれ悩んだりしないところが素晴らしい。非常に気持ちのいい爽快な作品だ。


手作りロケット入門―火薬エンジンのロケットを作ろう!飛ばそう!

手作りロケット入門―火薬エンジンのロケットを作ろう!飛ばそう!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 単行本




予告編
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。