So-net無料ブログ作成

パコと魔法の絵本 [日本映画☆☆☆☆]

2008年9月20日(土) 16:40~ TOHOシネマズ川崎スクリーン6
料金:0円(TOHOシネマズ会員シネマイレージカードのポイント使用) プログラム:600円(買っていない)

『パコと魔法の絵本』公式サイト

連続で少女主演作品を観ている・・・

で、「クリスマス・キャロル」を幼少の頃読んで、えらく感動した者です。

『嫌われ松子の一生』『下妻物語』とヘンテコ映画の監督中島哲也の新作。
CG、手作り合わさった派手派手の映像のファンタジー映画。

素晴らしい作品だ。今年の日本映画ナンバー1(たぶん)確定。

プロットは、明らかに「クリスマス・キャロル」。
子供を相手にしていない上に、シュールすぎて面白くないギャグ。
子供にも受ける劇中劇の映像。
あまりにあざとい反則技である卑怯なオチ。
まるで本人そのままなキャスティング。

非の打ち所がない。

何をやっても役所広司の人は、今回はそれほど役所らしくなかったことも付け加えておこう。
(メイクだけか?)

お勧め度:☆☆☆☆ 役所度:☆★ 俺度:☆☆☆☆


下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉

下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



嫌われ松子の一生 通常版

嫌われ松子の一生 通常版

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



メイキング オブ 「パコと魔法の絵本」と「いつもワガママガマ王子」

メイキング オブ 「パコと魔法の絵本」と「いつもワガママガマ王子」

  • 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー
  • メディア: DVD



パコと魔法の絵本 PHOTO STORY BOOK (ぴあMOOK)

パコと魔法の絵本 PHOTO STORY BOOK (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2008/08/29
  • メディア: ムック



Wikiによる解説

青空文庫で全文が無料で読める。

↓本には、色々な装丁がある。

クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)

クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)

  • 作者: ディケンズ
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/11/09
  • メディア: 文庫



クリスマス・キャロル (岩波少年文庫)

クリスマス・キャロル (岩波少年文庫)

  • 作者: チャールズ ディケンズ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 単行本



クリスマス キャロル (新装版) (講談社青い鳥文庫 (84-2))

クリスマス キャロル (新装版) (講談社青い鳥文庫 (84-2))

  • 作者: C. ディケンズ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/11/29
  • メディア: 新書


俺が読んだのは、講談社文庫だった。

↓映画もいろいろあるな。

クリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル

  • 出版社/メーカー: タキ・コーポレーション
  • メディア: DVD



クリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD



クリスマス・キャロル 特別版

クリスマス・キャロル 特別版

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



クリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


映画は、一本だけ観たけど、どれだったか・・・

↓ペーパーバック

A Christmas Carol (Bantam Classic)

A Christmas Carol (Bantam Classic)

  • 作者: Charles Dickens
  • 出版社/メーカー: Bantam Classic & Loveswept (Mm)
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: ペーパーバック






nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(33) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 6

non_0101

こんばんは。
『下妻物語』はテレビ鑑賞で、『松子』はどうしても観れなった監督さんなので
あまり気が向かなかったのですが…素晴らしいのですか!
う~ん、ちょっとだけ観てみようかなあと思い始めました(笑)
by non_0101 (2008-09-23 00:21) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

松子とは、色彩は似ていますが、全然違う作品です。
下妻を考えると、アンナは同じようなキャラで出ていますけど・・・

見て損は無いと思いますよ。保障はしませんけど。(笑)
by バラサ☆バラサ (2008-09-24 00:36) 

キキ

こんにちは。
観てきました~★
この映画ベースは「クリスマス・キャロル」だったんですか。
豪華なキャストで、ここでも妻夫木くんに会えました。
美しくて笑って泣ける映画でしたね。
ブザーを押して言い訳したくなりました。

by キキ (2008-09-25 17:36) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

この映画、元々は、舞台の作品とのことですが、それが「クリスマス・キャロル」にインスパイアされたかどうかは、知らないです。悪人(正確には根性の悪い爺)が改心するストーリーなので、そのように思っているのです。調べていませんが、きっとそうでしょう。そうに決まった。(笑)

妻夫木、良くやっていました。
by バラサ☆バラサ (2008-09-25 21:35) 

non_0101

こんにちは。
観てきました!最初はあの色使いと変な人たちの集合体の出現に
うわ~と引いてしまったのですけど、最後にはすっかり慣れていました(笑)
パコ役のアヤカちゃんがいいですね~
あんなに無邪気で純真だったら、どんなひねくれた大人も敵わないですね(^^ゞ

by non_0101 (2008-10-12 11:42) 

バラサ☆バラサ

>non01_01さん

結構いいでしょう?
変な役柄ばかりですけど。土屋アンナだけは、自なのでないかと思ってしまいますが・・・
by バラサ☆バラサ (2008-10-13 19:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 33

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。