So-net無料ブログ作成

幸せの1ページ [外国映画☆☆☆]

9月20日(土) 14:35~ チネ1
料金:0円(ポイント使用) プログラム:600円(買っていない)

『幸せの1ページ』公式サイト

ちょっと、あんまりなタイトル。しかも、最後の最後しか関係無いし。
原題は、Nim's Island。Nimは、主人公の少女の名前。原題もアレだけど。

無人島で暮らす父娘。暴風雨で父親が遭難し、無人島に一人残された娘、愛読書の冒険作家にヘルプのメールを送る。冒険作家は、引きこもりの女だった。勇気を振り絞って助けにむかうが・・・
父に「Dearフランキー」以来、家庭人が異常に似合うジェラルド・バトラー。娘に、ダコタちゃんが急速に加齢した後、ナンバー1少女女優となったアビゲイル・ブレスリン。引きこもりの作家には、ジョディー・フォスター。

もう少し、アビゲイルちゃんとジョディー・フォスターが話で絡むのかと思ったら、あまり絡まない。ほとんど別個に行動している。二人で遭難したオヤジを助けに行くのかと勝手に想像していたのだが、そのような冒険物ではなかった。

元天才子役と現天才子役の絡みが少ないのは、少し残念であるが、概ね気楽に見ることの出来る娯楽作だ。余韻も何も残らない映画だけど・・・

お勧め度:☆☆☆ 冒険度:☆☆ 俺度:☆☆☆

アビゲイルちゃんは、アシカ(トド?)、トカゲ、鳥と意思疎通が可能である。その辺りが気になったら、馬鹿馬鹿しくて、この映画を観ていられない。
ジョディー・フォスターの作家は、難題が起こると、自分の小説の主役のヒーローが現れて、彼女にアドバイスなどを送る。脳内会話を繰り広げるので、はたから見ていると電波系なイタイ人だ。
ちなみに、主役のヒーローは、ジェラルド・バトラーの二役。
となると、結末は安易に予想できるな。展開が速すぎたけど・・・

それにしても、この映画の、ジョディー・フォスター、妙に可愛かったなぁ。

↓アビゲイルちゃんの作品
↓傑作!

リトル・ミス・サンシャイン

リトル・ミス・サンシャイン

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


↓まあまあ

幸せのレシピ 特別版

幸せのレシピ 特別版

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


↓愚作!これに出演していたのか・・・

サイン コレクターズ・エディション

サイン コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD


↓ジェラルド・バトラー。隠れた名作

Dear フランキー コレクターズ・エディション

Dear フランキー コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD



↓映画の舞台は、ツバル近辺らしい。



↓原作があり、

秘密の島のニム

秘密の島のニム

  • 作者: ウェンディー・オルー
  • 出版社/メーカー: あすなろ書房
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本


児童文学だと知りませんでした。やはり、あのタイトルは物語を偽って伝えているな。(9月25日追記)
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(37) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 8

sirube

突然のコメント失礼致します。
勝手ながら私どものサイトからこの記事へリンクをさせていただきました。
http://sirube-note.com/writer/

もしよろしければ、こちらのページより相互リンク登録もしていただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/writer/link/register/
現在のページからのリンクは一定期間の予定ですが、よろしくお願い致します。
(自動書込のため、不適切なコメントとなっていましたら申し訳ございません)
token:puSfvf80

by sirube (2008-09-22 19:24) 

バラサ☆バラサ

>sirubeさん

相互リンクは行っていないのです。すいません。

by バラサ☆バラサ (2008-09-24 00:31) 

sakurai

子役の頃のジョディ・フォスターを思い出しました。
彼女が出る映画には、子役が出るのが多いなと。
あったかい目で見守ってるんではないかと、勝手に想像してます。
でも、映画はフツウでしたね。
by sakurai (2008-09-26 08:17) 

ぬんこ

初めましてこんにちは。トラックバック有難うございました。ぬんこと言います。

本当にこの映画のタイトルは「え、これ?」ですね;
でもアビゲイルちゃんもジョディも可愛くて良かったです。

出演者の作品紹介、参考にさせて頂きます!
by ぬんこ (2008-09-26 14:28) 

てくてく

こんばんは^^
ご訪問ありがとうございました。
タイトルもあれでしたけど、宣伝の仕方もちょっとズレてましたよね。
「児童文学が原作、お子様も楽しめる映画」、
そういう感じで宣伝してくれてたら、
私はきっと子供と行きましたよ~^^
子供も楽しめたと思うのに、ちょっと惜しかったのでは?
なんて思わなくもなかったり^^
by てくてく (2008-09-27 00:36) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

「パニック・ルーム」「フライト・プラン」と子供との共演が多いですね。娘ばかりだけど・・・。他意はありません・・・。

>ぬんこさん
ご訪問&コメントありがとうございます。
「リトル・ミス・サンシャイン」と「DEARフランキー」は、良いですよ。

>てくてくさん
だまし討ちみたいな宣伝でなく、正確に話の内容を伝えるべきでしたよね。
子供と見るのが最適な映画でした。
by バラサ☆バラサ (2008-09-28 15:48) 

non_0101

こんばんは。
可愛い作品でしたね~!
あんなジョディ・フォスターが観られるなんてビックリでした(笑)
“幸せの1ページ”にしたのもわからないではないけど
子供向きのタイトルではないですよね~
やっぱり原作と同じ“秘密の島のニム”が一番!と思いました(^^ゞ
by non_0101 (2008-10-08 21:47) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

ジョディが主演であるような予告編とタイトルでしたが、アビゲイルちゃんの映画でしたよね。
タイトルも原作の邦題にして、夏休み子供向きの売り方をするべきだったのでないか?と思いました。
by バラサ☆バラサ (2008-10-10 02:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 37

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。