So-net無料ブログ作成

赤んぼ少女 [日本映画☆☆★]

8月20日(水) 18:40~ シアターN渋谷2
料金:1000円(水曜割引) パンフレット:700円

『赤んぼ少女』公式サイト

我らがホラー・クイーン「タマミ」の映画だ。見に行かざるを得ない。我らにとっては、貞子、伽椰子など足元にもおよばないトラウマな方なのだ。
一回「蛇娘と白髪魔」というなで映画化されたことがあるが、「赤んぼ少女」に「へび少女」という別の作品を混ぜてシェイクしてしまったので、怖くないタマミなってしまった。しかるに、今回が初の本格的登場だ!

フルCGなヒーロー物を見た直後なので、パペットや着ぐるみなどを駆使している、この作品からは、日本の伝統芸を感じる。ストーリーも最初は、昔の新東宝みたいな雰囲気で進む(気がする)。なんかノスタルジックだ。野口五郎の存在もノスタルジーだ。
座敷女主演希望に選ばれた浅野温子だが、極めて楳図先生の描く婦人キャラに似ている。予想外だ。キャスティングした人、尊敬する。
タマミの造形は、原作にほぼ忠実。髪型と服は、もうそのまんま。ただアップになると「バスケット・ケース」を思い出してしまう。

原作では台詞をしゃっべていたタマミは、今回は、泣いたり笑ったり呻いたりするだけ。醜悪に生まれた彼女悲しみを示すのには、他人とのコミュニケーションが無いほうがいいとの判断だそうだ。逆に、台詞での行動の解説がゼロなんで、狂人が暴れているだけにしか見えないんだけど(監督や脚本家の意図と正反対に)。少しぐらい喋らせたほうが、よかったんでないの。

シネマスコープの画面で縦横無尽にタマミが飛ぶので、タマミトラウマのある人はそれを払拭するために、是非劇場で見よう。スクリーン小さいところでしか上映していないけど。

お勧め度:☆☆★ パペット度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★

俺が読んだタマミの本のタイトルは「のろいの館」。最近は、「赤んぼう少女」で記憶していた。
今回の映画化に伴って「赤んぼ少女」と最初のタイトルに戻し、最初の作品を復刻したそうだ。
↓復刻版

赤んぼ少女 (ビッグコミックススペシャル)

赤んぼ少女 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 楳図 かずお
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: コミック



↓怖くないタマミ

蛇娘と白髪魔

蛇娘と白髪魔

  • 出版社/メーカー: 角川ヘラルド映画
  • メディア: DVD




バスケット・ケースのベリアル君。絶叫声が響くので、再生注意。


バスケットケース スペシャルコレクション

バスケットケース スペシャルコレクション

  • 出版社/メーカー: J.V.D.
  • メディア: DVD


↓そういやあ、こんな作品もあったな。

悪魔の赤ちゃん

悪魔の赤ちゃん

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

mig

こんにちは♪
パラサ☆パラサさん


観られたのですね〜^^ コメントありがとうございます

そういう理由で喋らないタマミでしたか〜
というか理由になってないですよね!
喋った方がゼッタイ良かったと思いますよ〜
あの喋りがまたいいんですもん。。。
キャスティングはほんとバッチリでしたね☆


by mig (2008-08-22 09:49) 

バラサ☆バラサ

>migさん

本当に理由になっていないですよ。
とは言え、ほとんどタマミの台詞覚えていないのですが・・・
今度こそ本を買おうかな。
実は、「おろち」しか持っていないんです。後、ダウンロード版の「こわい本」二巻。
by バラサ☆バラサ (2008-08-23 02:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。