So-net無料ブログ作成

フランケンシュタイン対地底怪獣 [日本映画☆☆]

7月18日(金) 10:40~ キネカ大森2
料金:1000円 プログラム:非売


フランケンシュタイン 対 地底怪獣

フランケンシュタイン 対 地底怪獣

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



キネカ大森の円谷英二特集最終日。結局、この日しか来れず、「マタンゴ」「地球防衛軍」「大盗賊」を鑑賞できなかった。

さて、「フランケンシュタイン対地底怪獣」だが、フランケンシュタインは、勿論、フランケンシュタイン博士が創造したモンスターのこと。劇中でもそのように説明されているが、日本での呼称に法り、彼のことはフランケンシュタインと呼ぶ。地底怪獣には、(バラゴン)というルビが付いているので、バラゴンと呼ぶ。

第二次世界大戦末期、降伏したドイツ軍は、同盟国日本に起死回生の切り札を渡す。
それは、なんと生きている心臓、フランケンシュタインの心臓だった。これを、どうにかこうにかすると死なない兵隊が作れるらしい。科学者が広島の病院で研究しているところ、原爆が投下され、心臓も行方不明となった。
それから15年後、兎や鶏を生のまま食らう野生児が出没。放射線医学研究所の水野久美が餌付けに成功し、野生児を保護した。野生児は、どんどん巨大化する。野生児は、フランケンシュタインの心臓が再生したものだった。
人間の4倍に巨大化したフランケン(以降、この蔑称?を使う)は、テレビ局の照明に逆上し、檻を破り逃走した。逃走途中で水野久美に挨拶。
その頃、秋田で地震が発生し、地下に暮らすバラゴンが復活してしまった。
バラゴンは、甲信越地方に進出し、人間を食い荒らしまくる。全員食われてしまう訳だから、バラゴンの目撃者などいない。
当然のように人喰いの犯人は、フランケンだとマスコミが書き立てる訳だ。科学者団のリーダー(日本語が流暢で英語はThank youぐらいしか喋れない)の外国人(しかも、声はショッカーの首領であり銭形警部)、部下の高島忠夫、水野久美は、フランケンの仕業ではないと信じて、彼を探そうと努める。
決戦地、富士の樹海近辺で、バラゴンに襲われる科学者団。高島忠夫なんて骨折だ。颯爽と現れたフランケンは、高島忠夫を救う。
もはや20メートルくらいのフランケンとバラゴンの最後の死闘が始まる。バラゴンを倒すフランケン。勝利の叫びをあげていると、湖から巨大なタコが出現。フランケンはタコに湖に引き摺り込まれ、物語は終了。

唐突に大ダコが出てきて終了するというのは、海外公開版だと聞いていたのだが、今回の日本語版でもそのように終わっているでないか。実際のところ(WikiにあったDVDからの情報)、最初は、日本版も海外版もバラゴンを倒した後、フランケンは地割れに飲み込まれる終わり方だったそうだ。最初のテレビ放映時に、大ダコが加わったのだと。何で?

フランケンなんで、異形ではあるがほぼ人間の状態。着ぐるみでなく、役者がメイクしただけ。従って、毛むくじゃらでないので、衣服を着用する必要がある。フランケン、4倍長までは、服を作って貰っていたようだ。20メートルになっても服を着ているのだが、伸縮自在なのか自分で裁縫したのか。野生児として一人で生活している時も、服は着ていたから、伊達者と言える。自分で縫合したんだろう。

巨大化したのは、放射能の影響と思われるが、そのような説明は無い。

作品の企画段階では、対決相手にゴジラの名もあったそうな。フランケンシュタイン対ジェット・ジャガーでもいいよ。見たい。

獣人の悲哀とかある訳でもなく、単に「なんじゃこりゃ!?」な映画。

お勧め度:☆☆ 謎の大ダコ度:☆☆☆ 俺度:☆☆★

↓フランケン映画

フランケンシュタイン

フランケンシュタイン

  • 出版社/メーカー: ファーストトレーディング
  • メディア: DVD



フランケンシュタインの花嫁

フランケンシュタインの花嫁

  • 出版社/メーカー: ファーストトレーディング
  • メディア: DVD



フランケンシュタイン

フランケンシュタイン

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD



フレッシュ・フォー・フランケンシュタイン/悪魔のはらわた

フレッシュ・フォー・フランケンシュタイン/悪魔のはらわた

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



ヤング・フランケンシュタイン(特別編)

ヤング・フランケンシュタイン(特別編)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



タグ:映画 特撮
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。