So-net無料ブログ作成

女番長ゲリラ [日本映画☆☆]

6月9日(月) 21:00~ シネマヴェーラ渋谷
料金:800円(会員料金&最終回一本) パンフ:非売

女番長 流れ歌
映画挿入歌のジャケット

女番長ゲリラ(1972) - goo 映画


シネマヴェーラの「最終凶器・鈴木則文の再降臨」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
女番長・幸子をリーダーとする赤ヘル団は、新平家ブームに賑わう京都にやってきた。お色気を武器に荒稼ぎするも、縄張りを荒らされた京都女番長総番長・京極のリカらの逆鱗にふれ、勝負を挑まれる。そこへ颯爽と元・京都女番長、祇園囃子の奈美が現れ…。あがた森魚が本人役で出演。女体に開眼する宣教師を大泉滉が相変わらずの好演。
<引用終り>

スケバン映画通算三本目。三本目にしてパターンが読めてきた。

対立する二つのグループ。
ヤクザが両方を蹂躙して利用。
主人公(またはライバル)、ヤクザに反抗。
返り討ちに合い、しかも、主人公(またはライバル)の恋人、ヤクザに殺される。
主人公、拷問を受ける。(またはライバル殺される。)
ヤクザに復讐。

で、この合間に由利徹や大泉滉の間抜け演技が入り、悪役は小池朝雄や名和宏が務める。

今作で特筆することは、あがた森魚が本人役で出演していること、
主人公とライバルの最初のキャットファイトは、「ボルサリーノ」の影響を受けたに違いないこと、(根拠無し)
主人公の恋人、ボクサー一郎と共にトレーニングするのがカシアス内藤であること
3点に過ぎない。

しかし復讐が、自爆テロでなかったことは、好感が持てる。逞しさが感じられる終わり方も良い。

映画館は、ボンクラたちで70%強の入りだった。

お勧め度:☆☆ あがた森魚棒読み度:☆☆☆ 俺度:☆☆★


挿入歌あがた森魚の「赤色エレジー」
映画の主人公、杉本美樹が幸子、恋人のボクサーは一郎。
映画のために替え歌で、彼らの名前を入れていたのかと思ったら違った。上のYoutubeで説明していように、この曲、マンガ「ガロ」の連載からインスピレーションを受けたそうで、その主人公たちが幸子と一郎。映画が、マンガに影響されたこの曲から名前を頂戴したんだ。映画は、この曲からイメージがかけ離れているんですけど・・・。
やさぐれ歌謡最前線 - 女番長ゲリラ - 赤色エレジー赤色エレジー


「赤色エレジー」が1972年のデビュー曲。その後、消えた人状態だったんだが、突然、テレビドラマ「探偵同盟」の主題歌「ロンリー・ローラー」ヴァージンVSで復活。テクノ・ポップになっていたんで、ビックリした。
ヴァージンVS - ゴールデン☆ベスト: ヴァージンVS - ロンリー・ローラーロンリー・ローラー

ちなみに探偵同盟、あまりに不人気で3ヶ月しか放映されなかった。俺、結構好きだったんだが・・・
主役は、宮内洋先生で無く宮内淳。七曲署で殉職した後にあさひが丘で大統領と呼ばれた男だ。ここでは、留年ん年の大学生、通称マーロー。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。