So-net無料ブログ作成

女番長ブルース 牝蜂の挑戦 [日本映画☆★]

6月2日(月) 13:05~ シネマヴェーラ渋谷
料金:0円(2本立ての2本目) パンフ:非売

女番長ブルース 牝蜂の挑戦

女番長ブルース 牝蜂の挑戦(1972) - goo 映画


シネマヴェーラの「最終凶器・鈴木則文の再降臨」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
スケバングループ・京都パール団の番長・真紀らの一団は愚連隊とグルになり、修学旅行売春、枕探しで荒稼ぎしていた。そこへ大阪から進出してきた黒百合会が勢力を拡大し、対立。さらに巨大売春組織を作ろうとしていた黒地組にも目をつけられ…。前作に引き続き池玲子を主演に迎え、男番長代表で梅宮辰夫もバイクでキメてる女番長シリーズ第2弾!
<引用終り>

画像は、対立するグループとの決闘前の「おひかえなすって」な図。かなり脱力する。

蝋燭や鞭が活躍したりするので、好事家にはたまらん作品かもしれん。映画の主役でそんな場面をこなすなんて、昔のスターは立派である。「黄金の犬」の島田陽子に、池玲子の爪の垢を煎じて飲ませるべきであろう。

由利徹と山城新伍が、例によってギャグ担当。クダラナイ演技を見せてくれる。
風見志郎こと宮内洋先生は、影の主役か?と思う間も無く憤死。カーアクションは見せてくれる。
不良番長こと辰兄は、やくざを軽く蹴散らす、屈強さを見せ付けるが、「じゃあな」とか言ってすぐに去っていき、弟分の危機を助けるも無く、その仇を討つでもない、役立たず野郎だった。まあ、ゲストに活躍を求めるのは過分な要求だが。
(リンクしているgooのキャスト名。辰兄の役名が、間違っている。神坂弘が正しい。駄目じゃないかgoo。)

最後、悪のボス刑事コロンボこと小池朝雄はドスで刺されるが、とても楽しそうに演技している。

杉本美樹は、まだ人気が出ておらず、完全なる脇役で、残念ながら活躍するシーン無し。

お勧め度:☆★ 辰兄度:☆☆ 俺度:☆☆★
不良番長シリーズが見てーなぁ。

↓本作品

女番長ブルース 牝蜂の挑戦

女番長ブルース 牝蜂の挑戦

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD


↓こちらが一作目だそうだ。

女番長ブルース 牝蜂の逆襲

女番長ブルース 牝蜂の逆襲

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD


↓不良番長

不良番長

不良番長

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD


↓女番長映画のムック本。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。