So-net無料ブログ作成

さよなら。いつかわかること [外国映画☆☆☆]

2008年5月5日(月) 12:50~ シネスイッチ銀座1
料金:1480円(有楽町の金券屋で前売りを購入) パンフレット:600円

『さよなら。いつかわかること』公式サイト

軍人である妻がイラクで戦死。娘二人に事実を伝えられず苦悩。仕事サボって、学校サボらせて、末娘が行きたがっていたテーマパークへ旅行。そこで事実を告げるという話だ。

号泣した人たちが多いようなのだが、2度涙がポロリときた程度だったなぁ。
きっと長女が出来すぎていること、親子の関係が良好であることから、親子で乗り越えるべき命題は、母親の死の一転であり、ドラマ的要素が掛けていると感じたからだろうな。(母親は電話だけなんで、難病映画を見すぎたため淡白に見えてしまうのか?)
逆に坦々としているところが良いと感じる俺様もいる訳だが。

そして坦々とした音楽は、クリント・イーストウッドが担当。

ニートの弟が姉妹に話すセリフがいい。ニートのくせに。

ジョン・キューザックは、激しくおっさんになった。

お勧め度:☆☆☆ 長女良い子度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆

↓ジョン・キューザックの映画
↓知る人ぞ知るロブ・ライナーのシュア・シング。ダフネ・ズニーガ共演。

THE SURE THING

THE SURE THING

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: Laser Disc



セイ・エニシング

セイ・エニシング

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



ハイ・フィデリティ 特別版

ハイ・フィデリティ 特別版

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(19) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。