So-net無料ブログ作成

王妃の紋章 [亜州映画☆☆☆★]

4月13日(日) 11:00~ 東劇
料金:1250円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売り購入) パンフレット:600円

『王妃の紋章』公式サイト

チャン・イーモウの歴史物。
王家の家族の崩壊していく様を描いている。チョウ・ユンファとコン・リーが王と王妃。息子は、3兄弟だが、長男はコン・リーの前妻の子、しかも・・・。前妻は死んだことになっているが実は生きていて、その娘は・・・と、人間関係のドロドロした話だ。馬鹿丸出しの三男でさえ、しまいには切れてしまう。

後味の悪い嫌な話だが、「HERO」「LOVERS」より面白かったな。その人間関係が。
この作品でも派手なアクションシーンは健在。
三男と王妃以外は、身体能力が高く、戦闘をこなす。宮廷の薬担当のオヤジでさえ。

クライマックスの大量の兵士軍は、「ロード・オブ・ザ・リング」を彷彿させる。

東京で東劇と新宿武蔵野館の2館だけでの公開だからか、2回目の上映前は、かなり列ができていた。「RENT」以来の立ち見か?観客の年齢層は高いので夜の回は空いていると思われるが、東劇は座席指定でないので、見に行くときは注意が必要。

お勧め度:☆☆☆★ 豪華絢爛度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆

豪華な衣装と調度品に目がクラクラ。


「HERO」から、ジェット・リーVSドニー・イェン


チョウ・ユンファと言えば「男たちの挽歌」。その予告編。

↓チャン・イーモウの作品群。俺の見たものだけ。

初恋のきた道

初恋のきた道

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



LOVERS

LOVERS

  • 出版社/メーカー: レントラックジャパン
  • メディア: DVD



英雄 ~HERO~ 通常版

英雄 ~HERO~ 通常版

  • 出版社/メーカー: レントラックジャパン
  • メディア: DVD



単騎、千里を走る。

単騎、千里を走る。

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



あの子を探して

あの子を探して

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(23) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 12

roy

チャン・イーモウも人柄に誠実さが滲み出ていて好きです。
「あの子を探して」は涙なくして観れません。
他のは見なくていいくらい良い映画でした。
by roy (2008-04-15 18:55) 

バラサ☆バラサ

>royさん、

「あの子を探して」一番ですか。
後に、「HERO」のような路線に進むとは、思いもよりませんでしたね。

しかし、その後も、途中で「単騎、千里を走る。」みたいなのも撮っているのは、立派ですよね。
by バラサ☆バラサ (2008-04-15 19:41) 

non_0101

こんばんは!
派手でハードで怖い作品でした~
> 後味の悪い嫌な話だが
かなりショックでした(T_T) 絢爛豪華に飾り立てられているだけに…
> 東京で東劇と新宿武蔵野館の2館だけでの公開だからか
今年はオリンピックイヤーだし、もう少し広く公開しても…
あの圧倒的な雰囲気は劇場で観た方が感じられますよね☆
by non_0101 (2008-04-18 21:09) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

LOVERSに、あまり客が入らなかったから、公開館数せばめたんでしょうかね。LOVERSなんてタイトルがいけない。

朝一のギリギリに東劇ついたら、前方しか空いていなく、8割ぐらいの入りでした。まあ、いつも前のほうに座るから問題なかったんですけど。
by バラサ☆バラサ (2008-04-19 17:07) 

naonao

「単騎、千里を走る」は見ました。舞台となった麗江(リージャン)がとても懐かしかったし、健さんもよかったですね。
この映画も素敵そうですね。チャン・イーモウはかなり幅の広い映画を作ってますね。
by naonao (2008-04-19 17:15) 

バラサ☆バラサ

>naonaoさん、

コメントとnice!ありがとうございます。
この映画、人間関係がドロドロで、とても良いです?

麗江行かれたんですか。路上で長~い食卓でご飯食べました?
by バラサ☆バラサ (2008-04-19 17:31) 

由香

こんにちは!
バラサ☆バラサさんは楽しまれたようですね~
私はダメでした・・・(汗)全然受け入れられなかったですぅ~
『LOVERS』は結構好きなのですが、『HERO』もイマイチでした。

それにしても劇場が混むんですね~
コチラは田舎のせいか、余程の大作でないかぎりガラガラです。
便利ですが、公開する映画が少ないのは寂しいなぁ~
by 由香 (2008-04-22 09:01) 

バラサ☆バラサ

>由香さん

好みは、それぞれですから。
私なんて、「エリザベス ゴールデンエイジ」が、結構大絶賛なの、ビックリしているくちです。

実は、チャン・イーモウは、近代~現代の中国の田舎の作品のほうが、好きであります。って、上の3つだけだったりしますが。(HEROとLOVERSを除いた3つ)
by バラサ☆バラサ (2008-04-22 17:30) 

ひらりん

今回のチョウ・ユンファは極悪すぎて存在感がありましたね。
クライマックスの人海戦術の戦闘シーンは、ひらりんもCG合成してるのかなーー・・・と思いました。
まあ、今も昔も中国は、人の多さと毒が代名詞とでも、
チャン・イーモウ監督は言いたいのでしょうかぁ。
by ひらりん (2008-04-28 00:04) 

バラサ☆バラサ

>ひらりんさん、

CGとエキストラのギャラ、どっちが安いかが決めてでしょうか?

毒は、この時期に、拙かったですかね。
by バラサ☆バラサ (2008-04-28 19:57) 

江戸うっどスキー

ドロドロして、後味悪いけど、面白かったです。
どうせなら、大画面の映画館で観たかった私は、武蔵野館でみました。
セットも豪華で、手抜きなし、迫力ありました。
by 江戸うっどスキー (2008-06-09 21:05) 

バラサ☆バラサ

>江戸うっどスキーさん

人間関係は破綻していましたが、面白かったですよね。

大画面と言えば、わたしの見た東劇のほうが大きいです。えへん。(威張ってどうする。)
by バラサ☆バラサ (2008-06-10 00:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 23

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。