So-net無料ブログ作成

テラビシアにかける橋 [外国映画☆☆☆★]

2月9日(土) 20:50~ チネ3
料金:1200円(レイトショー料金) パンフ:600円

『テラビシアにかける橋』公式サイト

「小さい頃は、いつも空想の中で生きて来た。・・・」とかいう小説か何かあったような気がするんだが、まさにそういう少年少女が、友情と愛情を育む話だ。テラビシアは、彼らが主役の王国。ロープで川を飛び越えた向かいにある。テラビシアでの経験と共に学校でも成長していく。

いずれ二人の別れがくるのは、解っていたんだが、あのような形になるとは想定していなかった。おかげで少し泣いてしまったぜ。卑怯だよ。
最後で、映画の宣伝文句「この橋を渡れば、またきみに会える」の通りにならなかったのは、残念でもあり、これ良かったかなという思いもあり、少しばかり複雑な心境だ。まあ、作者たちの意思を尊重し、あれで良かったとしよう。城で待っているのかもしれないし。

近隣への冒険、隠れ家、秘密基地、初恋など子供の頃を思い起こさせ、大人が感傷的になる作品だ。
また、浮気をしてはいけません!という教訓を秘めている作品かもしれない。

オープニングのアニメが素晴らしく、期待を抱かせる。本編は、テラビシアでの冒険談が話の中心ではないので、ファンタジックなVFXは控えめだけど、最後のマットペイントなど、丁寧な特殊技術が効果的に使われている。
主役の少年の絵が書かれたスケッチブックが欲しい。

しかしながら、銀座ではパトスの刑になっているのが理解できない。少なくとも丸の内TOEI2を使うはずなんだが。配給している東北新社は、東映と仲悪いのか?まあ、俺はチネチッタで見たから、関係ないけど。

お勧め度:☆☆☆★ オヤジ・ナイスガイ度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★


予告編。米国版。向こうでは、ディズニーが配給している。

↓原作。子供は読むべし。

テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264)

テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264)

  • 作者: キャサリン・パターソン
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本


↓童話なんだから、たまには原書を読むか?

Bridge to Terabithia

Bridge to Terabithia

  • 作者: Katherine Paterson
  • 出版社/メーカー: Harper Entertainment
  • 発売日: 2007/01/30
  • メディア: ペーパーバック


1985年製作のテラビシアだそうだ。
「テレビを見て、感想を書くこと」と、宿題を出されるシーン。
レスリーが明るくなさそうなのと、先生が若いこと以外ほとんど同じ。


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(22) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 8

non_0101

こんにちは。
もう、泣かされますよね(T_T)
でも、観終わった後はいい作品を観たぞと満足でした。
> 銀座ではパトスの刑になっているのが理解できない
こんなに素敵な作品なのに、なぜヒットしないのだろう…と
ちょっと悲しかったです。
by non_0101 (2008-02-11 10:27) 

キキ

こんにちは。
観た人はみんな良い映画だと満足なんですが、話題にならないのは何故でしょう。
オープニングのアニメーションのところから素敵な匂いがするんですが。
by キキ (2008-02-11 10:39) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん。この作品は、都内は、テアトル・タイムズスクエアあたりで上映すべきだったと思うんです。シネパトス、渋谷東急、新宿ミラノ3は、あまりな扱い。

>キキさん。オープニングから名作の香りが漂ってくるんでうがね。

変にファンタジー映画を売りにして宣伝したのが、裏目に出たのでないでしょうか。世間は、ファンタジー映画に、もう飽きたって感じですから。「ライラの冒険」コケルかもしれない。まあ、私は見に行きますが。

nice!&コメントありがとうございました。
by バラサ☆バラサ (2008-02-11 16:46) 

hito

こんにちは~
間違ったTBをつけてしまったようですいません!削除しておいてくださいM(_ _)M

あの秘密基地は大人が見てもワクワクしましたね~木の上の隠れ家って今でもちょっと憧れてしまいます。
全くのファンタジーじゃなくて、テラビシアが二人の作りだす世界っていうのが良かったです!
by hito (2008-02-12 18:46) 

江戸うっどスキー

あんまりな新宿ミラノで見てきました。
大きいだけあって、そこそこの入りでした。本編が始まってから、入場する人が多いのは土地柄ですかね。。。

>大人が感傷的になる作品...全く、そうですね。
ファンタジーの原点を見せられた様な気がしています。
by 江戸うっどスキー (2008-02-12 22:42) 

バラサ☆バラサ

>hitoさん、

トラックバック削除しました。
秘密基地は、今でも夢に見ることがあります。
「アジト」とい名の悪の秘密結社の地下基地を作るゲームがその昔ありました。
皆、結構好きなんですよね。

>江戸うっどスキーさん、

いっそのこと、CG無しで作っても良かったんでは。
最後のマットペイント(だと思っている)は、素晴らしかったです。
nice!ありがとうございます。
by バラサ☆バラサ (2008-02-14 23:59) 

くまんちゅう

パトスの刑ってあそこは牢獄だったのか、確かに地下だし、いやワロタ。
おいらもチネチッタで見たからいいけどね

あの展開は反則でしたね、名かされますよ
秘密基地は懐かしい思い出を呼び覚ましてくれました
by くまんちゅう (2008-02-17 18:14) 

バラサ☆バラサ

>くまんちゅうさん

パトスは、できれば避けたい映画館です。
でも、たまにヘンテコリンなものをやるんで、行ってしまいます。
ただし、映画サービスデー限定。
土日の1000円でも、空いていますから。
by バラサ☆バラサ (2008-02-18 19:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 22

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。