So-net無料ブログ作成
検索選択

ALWAYS 続・三丁目の夕日 [日本映画☆☆☆]

11月23日(金) 18:45~ TOHOシネマズ川崎6
料金:0円(シネマイレージクラブ ポイント使用) パンフ:700円

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』公式サイト

渋谷の特撮ヲタクバーで評判の悪い「ALWAYS 三丁目の夕日」。泣いたと言ったら、馬鹿にされた。

前作は、家族の要素の強い作品だったが、今回は男女間の愛がテーマのようだ。なんせ3カップルだから。色々合計すると5かな。

重要な決めセリフは、すべて予告編で流れてしまっている。予告編では、大して感動もしなかったセリフが本編では、効いてくる。
2回くらい涙してしまったよ。また、馬鹿にされんのか。

まあ、吉岡と小雪のシーンは、あんな周りにギャラリー居るのに臆面もなくと思い、「海猿」を思い出し少し萎えた。

小日向が、また根性の悪い男を好演。ま、最後は潔い態度で、カッコ良すぎるんだが。

それにしても、最後の夕日が、どうにも綺麗と思えないんだけど・・・

お勧め度:☆☆☆ 夕日度:☆★ 俺度:☆☆☆

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ

-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2005/10/21
  • メディア: DVD


ALWAYS 続・三丁目の夕日 ナビゲートDVD 続・夕日町のひみつ

ALWAYS 続・三丁目の夕日 ナビゲートDVD 続・夕日町のひみつ

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: DVD


↓監督デビュー作。インターネットのドラえもん最終回のパクリみたいなストーリー。

ジュブナイル

ジュブナイル

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2000/12/22
  • メディア: DVD


↓三丁目の夕日を撮る前。

リターナー ― デラックス・エディション

リターナー ― デラックス・エディション

  • 出版社/メーカー: アミューズ・ビデオ
  • 発売日: 2003/03/07
  • メディア: DVD


↓原作の漫画。素朴な絵だ。

夕焼けの詩 54 (54) (ビッグコミックス)

夕焼けの詩 54 (54) (ビッグコミックス)

  • 作者: 西岸 良平
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/11/30
  • メディア: コミック

↓劇中すき焼きを旨そうに食っていた。豚肉だそうだけど。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 5

ken

前作は越えてこなかったけど、2度ほど泣きました。
だって、王道だもん。
by ken (2007-11-27 03:31) 

バラサ☆バラサ

>kenさん

わたしの2度は、
鈴木オートが、「俺は読んだよ。泣いたよ。」のところ、
ベタですが、茶川とヒロミと淳之介が抱き合うところ、
です。
また、馬鹿にされるわ。
by バラサ☆バラサ (2007-11-27 17:01) 

はな

こんばんは!
私のブログにコメント&TBのお返しありがとうございました。
小日向さんは嫌われ役なのですが、彼には彼の息子の愛し方を貫いているんですよね。ちょっぴりかわいそうなところです。
by はな (2007-12-12 21:37) 

roy

先生、わたしも軽く2,3回泣きましたよ

日本で一番泣かせる俳優は草薙ということになってるそうですが、なんといっても子供のころから倉本想に鍛えられている吉岡さんの筋金入り愁訴感に適うはずもなく、いるだけ、見てるだけで鼻の奥がむず痒くなってくるという・・・
もうこれは、完璧な芸ですね!
(もっともわたしが泣いたのは彼のシーンではありませんが)
by roy (2007-12-13 17:28) 

バラサ☆バラサ

>はなさん

小日向は、嫌な奴の演技が優れているので、同情できませんでした。いい奴の演技も優れていますね。なんだったかゲイバーのママ役やったのとか。

>royさん

泣きましたか。どのシーンだろう?

ところで、左のリンクの「ザンジバルの貴公子と仲間たち」もよろしく頼みます。誰も見に来ない・・・
by バラサ☆バラサ (2007-12-13 18:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。