So-net無料ブログ作成

レベル・サーティーン [亜州映画☆☆]

7月5日(木) 21:15~ シネセゾン渋谷
料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフ:600円

『レベル・サーティーン』公式サイト

借金王かつ会社を首になった男が、13の試練を乗り越えると1億バーツ(円でいくら?)貰えるというゲームに参加。試練の過激化につれ、アンソニー・ウォンに覚醒していく。
そのゲームは、インターネット上で公開されている。「トゥルーマン・ショー」や「バトルランナー」みたいな映画だ。

ネタバレあり

上の作品は、黒幕もはっきりしているが、こちらの方は、はっきりしていない。そういうところは、「キューブ」を思い起こさせる。しかしだ。映画の最後の方で、黒幕組織のスタッフどもが出てきやがるのが興ざめだよ。しかもだ。「まさか、こんなんで終わらないだろうな。」と、思っていたところに、「お。バッド・エンディング!GJ!」だったのに、それを、なし崩しにする中途半端なスタッフによる解説入れやがって。
しかも、スタッフルームが真っ白なんで、字幕が読めません!!

あと、最初の少年と最後の刑事の意味がわかりません!!

それでも、前半のブラックユーモア、後半のグロさ、俺みたいな好事家には満足な作品である。狂気のドライブ感に、時間はあっという間に過ぎていった。(2時間近くもあるんだぜ。変態映画のくせに)
試練の5ス○トロは、厳しかったが。(バナナやジャガイモで作ったそうだが、本当に不味かったそうだ。)

馬鹿ハリウッドがリメイク権取得だそうだが(もう、この宣伝文句を止めてほしい)、好事家向けの作品なので、万人には薦めません。

お勧め度:☆☆ グロ度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★

タイの映画と言えば、
アクションの傑作↓

マッハ ! プレミアム・エディション

マッハ ! プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2004/11/25
  • メディア: DVD


七人のマッハ!!!!!!! プレミアム・エディション

七人のマッハ!!!!!!! プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2006/04/26
  • メディア: DVD


ホラー。2以降は、あまり面白くない↓

the EYE【アイ】廉価版

the EYE【アイ】廉価版

  • 出版社/メーカー: レントラックジャパン
  • 発売日: 2006/03/31
  • メディア: DVD


スポ根?↓

アタック・ナンバーハーフ ワン・ツーBOX

アタック・ナンバーハーフ ワン・ツーBOX

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2004/09/24
  • メディア: DVD


愚作。アイディア倒れ↓

シックスティナイン

シックスティナイン

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • 発売日: 2001/06/08
  • メディア: DVD


バカ映画を期待して、ガッカリ。怖くねーし。「蛇女の脅怖」のDVD見ればよかった。↓

トカゲ女

トカゲ女

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/08/16
  • メディア: DVD

視聴者熱狂関連↓
「コマンドー」に次ぐ、シュワルツネッガーの傑作!!↓

バトルランナー

バトルランナー

  • 出版社/メーカー: ハピネット
  • 発売日: 1998/02/25
  • メディア: DVD


俺は、過剰演技をしないジム・キャリーを認めない↓

トゥルーマン・ショー(通常版)

トゥルーマン・ショー(通常版)

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/04/21
  • メディア: DVD

アンソニー・ウォン覚醒とは?↓

八仙飯店之人肉饅頭


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 5

NO NAME

TBありがとうございます。
あのう○ちはバナナなどで作ったんですか?!
ほんとキモチワルくなりました☆万人にはおすすめしないけど
こういうB級が好きな人には勧めちゃっています。
わたしはけっこう楽しめました。
最初の少年は、ゲームをしていたお坊ちゃんの少年ですね。
by NO NAME (2007-07-06 21:36) 

mig

名前入れ忘れちゃいました。
by mig (2007-07-06 21:37) 

masala

こんにちは、TBありがとうございます。
最初の少年はゲームのプレイヤー、最後の刑事は協力者orプレイヤーと私は判断しました。
by masala (2007-07-07 00:23) 

ここなつ

こんにちは。ここなつです。私のブログにコメントをいただきありがとうございます。
確かに万人向けではない作品ですね。でも、こういうテイストは嫌いじゃありません。
それよりも、あの捨て身の感じをお綺麗なハリウッドができるか?というと、甚だ疑問ですね。アジアの映画のそのじっとりとした良さを壊して欲しくない、という気がします。
by ここなつ (2007-07-07 00:29) 

バラサ☆バラサ

>migさん、
私の周りにも好事家が多いのですが、薦めないうちに上映終わっちゃいました。入れ替わりに始まったレイトが、楽しみでなりません!!

>masalaさん、
あの刑事、「黒幕を追い詰めるぞ!」ぐらい何か張り切ってたのに、どこで寝返ったんでしょう?それとも、最初からやらせですか?

>ここなつさん、
「捨て身」、まさに言いえて妙な表現ですね。
リメイクでは、あの試練、脚色入るんでしょうね。牛肉はいらないけど、アレは出して欲しいな。
by バラサ☆バラサ (2007-07-09 20:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。