So-net無料ブログ作成

ゲゲゲの鬼太郎 [日本映画☆☆★]

5月6日(日) 16:30~ 丸の内ピカデリー1
料金:1290円(前売りを有楽町の金券屋で購入) パンフ:700円

『ゲゲゲの鬼太郎』公式サイト

何を隠そう結構期待して見に行ったんだが、ダメだった。つまらなくはないのだが、何か躍動感に欠けるというのかスケールが小さいのだよ。昔の月曜日の7時くらいからやっていたドラマのレベルだな。月曜ドラマランド。小泉今日子のあんみつ姫とか富田靖子の一休さんとかの。

しかし、チープなCGと着ぐるみは、ゲゲゲの鬼太郎の世界観にぴったりで、ウエンツの鬼太郎はともかく、その他の主要キャラクター達は、見事にそっくりで、雰囲気はある作品だ。

大泉洋(「よう」と読むのね)のねずみ男は、完璧だよ。室井滋、間寛平、田中麗奈もみごとだ。
しかし、鬼太郎は、左目が無いはずなのだが、毛針でハゲになったときウエンツの左目は開いていた。ダメじゃねーか。
もっとダメなのは、ほとんど素顔の小雪。富永愛のシレーヌみたいだったぜ。

お勧め度:☆☆★ ねずみ男度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆


正義の使者鬼太郎


ぬりかべの枕


ご存知目玉おやじ


偉大なるねずみ男先生

ねずみ男と言えば、

人間失格

人間失格

  • アーティスト: 人間椅子
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 1998/07/23
  • メディア: CD


羅生門

羅生門

  • アーティスト: 人間椅子
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 1998/07/23
  • メディア: CD


頽廃芸術展

頽廃芸術展

  • アーティスト: 人間椅子
  • 出版社/メーカー: テイチクエンタテインメント
  • 発売日: 2003/01/22
  • メディア: CD


人間椅子のねずみ男と友人の結婚披露宴で同じテーブルだったことがある。普通の格好していた。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

naonao

そうですか、スケール小さいんですか。しきりに宣伝してるけど、いま一つなのね。
by naonao (2007-05-07 22:27) 

バラサ☆バラサ

>naonaoさん
三池の「妖怪大戦争」のほうが、金かかっていると思います。キャラは、こちらの圧勝ですが。
by バラサ☆バラサ (2007-05-10 18:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。